Page: 2/22  << >>
クリスマスinモンテラック


山中湖モンテラック3階からの景色。
富士山が正面でどーん! お料理もフレンチコースでサイコ~!



翌朝は、藍の空と深いブルーの湖、
白雪のコントラストが美しい景色へ。



今年のクリスマスも賑やかで楽しいひとときになりました♪
お集まり頂きましたみなさま ありがとうございました。

| masa-fos | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月福岡森んこ共同保育園&森のようちえん
2013年秋・森んこ共同保育園の子どもたちとのやまのぼり。


秋のおやまへ



 ぼくらの街を見おろして、やっほー!!! 



どこでも基地!



僕らの街を見下ろして パパとママたちは やっほー!っていったかな?



おはよーう あさ 



光の道をぬけて さぁ かえろう♪
| masa-fos | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月西丹沢ビバーク


2013年 最後の西丹沢ビバーク



初冬の沢旅



いのちのじかんに ゆだねていく



沢の音 おはよう

 

朝ごはんの準備 たきぎをひろいに 森へ



道なき道を 登る 鹿のように
内にある 野生が目覚める



親と子と いま かけがえのない経験



ただ ただ 歩く



おつかれさま~♪ 大空とおひさま 富士山からの祝福



さて、戻りますか!
また 遊びにこよう。  

あの沢へ あの森へ わたしへ あいに! 
| masa-fos | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月個人ガイド・愛鷹山レポート


静岡の富士市に聳える黒岳の山塊、愛鷹山へ
マサの個人ガイドでご案内したレポートです。



山から海を眺める



街と海と光とが輝いています。



愛鷹山の展望台からの富士山は絶景



富士山と満月



この一瞬の光景に出逢う



脈々と流れる時間 夕暮れに包まれる



やがて夜空となり 満月の光が天から注がれる
きょう いちにち やまのせかいでの あなたのものがたりが うまれていった
 
| masa-fos | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月・九重山トレッキング


11月にご案内いたしました九重山トレッキングコースの報告。
1年に1回、マサの個人ガイドにて、九州の豊かな山の世界をご案内しています。
故郷の山々の美しさをわかちあう、マサにとってもかけがえのない山旅です。



九重にきたら、まず挨拶にくる滝



山が呼んでいる



秋の小道 



大地に落ちた秋の木葉たち 巡るいのち 歩こう



見上げると 木々たちの抱擁



森を抜けて 山の世界へ



いまも噴煙をあげてる火山 大自然を感じる山域



ゲストは永遠の少女のような 女性たちなのです!



山でいちにちをすごす 下ってしまうのが 寂しいっていうか、
すでに 山が恋しい時ですね、、、。



遠くに(また おいで~)と 火山の煙があがっています。
また こよう! さぁ  それぞれに元気にいこう!
「ありがとーう おやまさーーん!!」

たぶん そんな声があがっていたことでしょう♪

九州の のどかで 豊かな 山のじかん ご報告させていただきました♪
ありがとうございました。
| masa-fos | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11月FOSファミリー・クライミングin湯河原報告レポート


おはようございます♪
湯河原・幕山到着、秋晴れのクライミング日和!



まずは道具合わせ。



はじめてのレクチャーはひとりひとり、体験してもらいながら、
個人レクチャーをみんなでシェアしあいながら進めていきます。



クライムダウンも、腰を落として上手だよ!



短いルートで下降できたら、ロングルートへ!



真剣になる



自分のこころと動きに集中している状態



(もっと上手に登ってみたい)向上心は、
自分の意識に身体が反応し、自然にしなやかなムーブができるようになっていく。
中学生女子、自分なりの課題を持って、トライしていく姿、かっこいい!!



ロングルートはマサが上でビレイ。



終了点の岩上はおひさまあびてくつろぎの時間



クライミング終了後、
「はーい!これからが本番でーす」



バランスよく、トラバースで、上流に登っていきます。



それでは、先ほどのムーブをいかして、慎重にトラバース!



ここは、枝をうまくクグルべし!



イェーイ!!! 本日の終了点に到達! 絶景ですっ。



おだやかな秋の西陽に包まれて、さて、下山。
自然に触れる
岩に触れる

湯河原幕山 自然満喫のクライミング
充実感いっぱいのいちにちになりました♪

ご参加いただきましたみなさま
ありがとうございました。





 
| masa-fos | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日曜日の双子山


葉山から双子山へ 



紅葉の小道



鮮やかな落ち葉



森をぬけたら、双子山にでた~!



ぼちぼち、いこっかっ!



カラマツは黄金色



天と地のあいだを歩く



もうひとつ、登りにいく? いこうかっ!



みなさん、登ってます。



この壮大な景色



兄山から弟山を望む。



兄山から下山して、再び弟山へ。
今度は鬼ごっこ、逃げたり、追っかけたり、
駆けあがり、駆け下って、インターバル、、、。



下山、げざーーーん!



噴火みたいに、雲が湧いているよ!



サンドクライミングに夢中!



トゥー――!



落ちる!



こちらは登ってますっ。大救出作戦中。



最後は全員並んで ジャンプ!



飛ぶ瞬間、自分で決断する!



(あー楽しかったね!) とってもいい山登りでした。



台風直後の富士山、雲、空の輝く素晴らしい いちにち。
すべてに ありがとうございました。

| masa-fos | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
福島中高生のための富士山プロジェクト報告レポート2


夜明け前、ライトをつけて登山道を登ってきました。



雲海がひろがっています。



静寂のときに包まれて、空をみつめています。



地平線から ゆっくりと ときをしたがえて 太陽がのぼってきました。



たいようは 光を放ち  その光はちから強く 私たちを照らします。



夜が明けたよ! おはよう この瞬間を共にすることができてうれしい!



空いっぱいに 光を注いでいく たいよう
(なんて美しい光景がひろがっているんだうろ)



ふりむけば、青空と富士山、おはよーう!



穏やかなときに包まれた人たちの満たされた空気感があって、
みなさん 静かに落ち着いている雰囲気の記念写真。



朝ごはんはラーメン、
作っている間に、トランプ大会で超真剣。



雲のなか 撤収し 下山します



かけがえのない時を過ごし、
ちょっとセンチメンタルな帰り道。



プロジェクト、終わりの時を迎えました。
中高大学生、自分の言葉でキャンプの感想や感動、謝辞を伝えていました。
自然に、富士山に、出逢った人たちとのかけがえのない時に感謝する。

みなさん、どうぞお元気で、
それぞれ暮らす土地で、いまを大切に生きていこう。



ひとり、佇んでみている後姿。
景色と調和していて美しい。

参加してくれた中高生、引率の保護者のみなさま、
福島大学・遠藤先生と福大生、
昭和医療技術専門学校の先生方、生徒スタッフのみなさま、
FOSスタッフ、そして装備提供・コールマンジャパン(株)、
支援を頂きました昭和医療育英会、
本当にありがとうございました。

今年も無事に終了できましたことを
こころから感謝申し上げます。
ありがとうございました。
| masa-fos | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
福島中高生のための富士山プロジェクト報告レポート1


光の溢れる森、山中湖オートキャンプ場にて、
福島中高生の富士山プロジェクト はじまりました。



南会津子ども支援プロジェクト・コヨットの焚火台の双子。
この日に点火となりました。



まずは、お餅つき!
名前を覚えながら、みんなで「よいっしょ!」



福島大学剣道部、軽く杵を握って、真っ直ぐにつく!
若いパワーが漲っています。



きなこ、あんこ、大根餅と、おなかいっぱい食べられる贅沢なランチ。



午後からはテント設営、その後、各自ゆっくり過ごそう。
自然時間にくつろいでいくからだとこころ。



夜は焚火があたたかい。
富士山側にタープで壁を張って、富士おろし(富士山から吹いてくる冷たい風)をガード。



中高大学生、それぞれに思うことを語り、なにげなく流れていく時間に
身をゆだねながら、心地よい場を作っていきます。



「ナイトハイキングにいってみたい!」
夜空と月を眺めに、ブッシュウォークへ出発♪



満天の星の下
いま ここにいる わたし



おはよう 
見上げると、木々たちに見つめられているみたい。



朝の光のなか、サンドイッチビュッフェ♪
パナジュウム水でおいしい珈琲、はいりましたー。



おはよーうハンモック!
お兄ちゃんが遊んでくれるのがうれしくって、走り回る小学生。



2日目は富士山5合目でテント泊。
キャンプ場のテントを撤収して、山への準備。



スバルライン5合目から富士山佐藤小屋を目指します。
みんなの荷物が重そうで、観光客から注目!
ワレラはちょっち かっこいい!!



装備はそれぞれの体力に応じて分配。
32人の大家族、本日は富士山にお泊りのため、ニコニコ移動中!



吉田口登山道の分岐(2400m付近)にて記念撮影。



一晩お世話になります佐藤小屋到着。
水場とトイレを利用させて頂けるって在り難い!



2400mのテント場にてテント設営終了し、夕陽を観にいく人はライトを持って集合。



登山道にダケカンバの林、ご神木なのかな?立派な縄が巻いてある大木にご挨拶、
さぁ、もう少し、上がっていきましょう。



夕焼け登山隊、大岩にて「ハイポーズ」



西に沈んだ太陽、
雲と空の世界、霞の美しさが広がっています。



夜が降りている時を感じながら、足早に下山。
佐藤小屋に戻ると、美しい夜景がほっーと目に飛び込んできました!



さて、夕食の準備、コールマンジャパンのテント。
本来は冬場凍結湖面ワカサギ釣りなどで使用対応ですが、ワンタッチで建てられ、
防寒・室内ストーブ利用できることもあり、ご提供頂きました!



寒さに弱い子はテント内で食事、大人は星を眺めながら、
野宿となりました。明日は4時半起きで、5時半の日の出を観にいこう!
流れ星を観られた昭和医療専門の女子学生、感動!
ひとりひとりにとって、寒くて、深くて、あたたかい夜になりました。







 
| masa-fos | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
福島中高生の富士山プロジェクト無事終了♪


連休に開催いたしました福島中高生のための富士山プロジェクト。
天候に恵まれ素晴らしい3日間になりました。

遠方から参加してくださった中高生、保護者のみなさま、福島大学遠藤ゼミ生、
ご支援を頂きました昭和医療技術専門学校・昭和育英会さま、
装備協力・コールマンジャパン(株)
キャンプ場は山中湖オートキャンプ場にお世話になりました。

自然に集うこと
富士山に登ること
人に出逢うこと

すべてに感謝いたします。
ありがとうございました。

 
| masa-fos | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Category

Link

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Others

Mobile

qrcode