Page: 2/61  << >>
Dance with Nature for junior SpringCamp・レポート

 

春休みジュニアコースはじまりまーす♡

なごやかに、笑顔のオープニング。

 

 

着替えたら、即遊びに行く人たち。

除雪のおやまに自慢の滑り台作ってました。

 

 

雪でお皿を作って帰ってきました。

早速、採用! おみやげのゼリーが宝石みたい♡

 


 

まずはランチタイム!

アラスカのお面をかぶってます。

 

 

午後からは裏山探検へ。

2日前の雪に雪が降ってくれました。

 

 

FOSの秘密の富士山スポット。

雪合戦がはじまりました。

 

 

 

もう少し上にあがるよ!道なき道を歩いていきます。

鹿の群れをみることができました。

 

 

冷たい風が気持ちよく、おやまを渡っていきます。

まるでナウシカの世界だね!

 

 

マサのお気に入りの世界へ

 

 

ともだちとソリをしたり、景色を楽しんだり。

 

 

どーんと富士山の麓で遊んでいます。

 

 

ただいま! 夕食はほうとう。

 

 

ごはんの後はみんなでウノや沈没ゲーム。

昭和な遊びが人気です!

 

 

眠くなった子からおやすみなさーい。

 

 

2日目朝、おはようございます。

フルーツおいしそーう♡

 

 

お弁当を作って森歩きへいきまーす。

 

 

お弁当おいしそーう♡

 

 

マサの熊にあったらどーする話。

盛り上がっています。

 

 

雪の森へLet.go!

 

 

頑張って稜線まできました!

Let's try backcountry sled♬ 

 

 

 

 

エキストリーム!!!

 

 

木の洞、ステキな木に会いました!

 

 

散策したら、こんな木にも会いました!

 

 

歩いたら、昨日の雪のひろばにでてきたよ!

大雪合戦大会はじまる。

 

 

ラストナイト、みんなで夕食パーティ。

子どもたちのご馳走! すごーいおいしかったね!

 

 

最終日は洞窟探検へ。

ヘッドライトやヘルメットの準備しまーす。

明日は5時半起床です。早めにおやすみなさーい♡

 

 

おはようございます。

起きたら、車に乗り込んで移動しまーす。

 

 

洞窟に到着!

 

 

 

ツルツルのドキドキの探検でした!

 

29572444_1602190139818627_7005264465746197824_n.jpg

 

洞窟からでたら、世界があかるーい!

 

 

3日間、みんな楽しかったかな?

春休みの大冒険、とっても楽しいコースになりました。

 

 

この笑顔! また会う日まで、みんな元気ですくすく健やかにいこう。

春休みジュニアコース、サイコーの笑顔のエンディング!

みなさま、ありがとうございました。

 

新宿から同行してくれたまゆ子ちゃんが感想を書いてくれました。

campの様子が伝わってきてうれしいです。

ありがとう! ゆうみ

 

2018 Sprig Junior Camp  2018.3.24.-26  を終えて         まゆ蔵

 

Junior キャンプ 冬に続けての2回目のin 山中湖

ベースがあり、そこにお休みに入ると帰る。東京の日常の生活から、季節の変わり目に非日常へと身を置き、自分を振り返る。仲間に会いに行く。そんな場所にこのベースがなってきた。Tが「またあそこに行きたいな。オレ、ウノやりたいし、たこ焼き作るの楽しみ」2学期の終わりに言い出した。つい3カ月前の冬休みの3日間を過ごした場所が、岳にとってはもう帰る場所になっている。うれしくなった。

 

親の私としては、我が子に「学校」という競争やしばり、管理の世界から解き放たれ、開いていく場所を提供したい。短い休みだからこそ、身体を自然と触れさせ、人という愛のある場所に戻す事で、社会への信頼だったり、人間の思いやり、あったかさに触れさせたいと思って参加を決めた。

 

3日目の洞窟探検で、ライトを消して真っ暗の世界で身体の感覚を聴きあう時間があった。

「こわーい」「何も見えない」最初はしゃべっていた子らが、その内静かになり、洞窟の中のピチャンピチャンという水の音だけに耳をすます。

1分だったろうか、短いけれど、とても長く感じた。でも人の温かさだけは、そばにあり、隣にいる人に触れるだけで、安心感がわく。一緒にいてくれてよかった、とほっとする。

眼を開けると暗いけど、野生の眼がみえるというか、つららや水滴でできた氷柱が我々の存在を認めてくれているような気がした。そして、眼を閉じる前よりこの暗闇の世界が見える様になっていた。すごく不思議。

 

自分の感覚を呼び覚ます。自分の声を聴く。自分を大事にする。仲間を信じる。

すべてに通じる力を全身で感じた。この感覚はわすれてはならない。

 

日常では出来ない事。非日常に身を置き、その場のプログラムを予めでなく、子どもの

様子を見ながら柔軟に、熱心にデザインしてくれるFOSのマサとゆうみ。

愛にあふれる二人だからこそできるFOSSprig Junior Camp

ここは小さな社会の一角だけど、この14人の子達が東京や九州のそれぞれの家庭に帰って、「地球ってなかなかいけてるじゃない?!」 といったマサの言葉を思い出してくれたら、この社会に期待できるかもしれない。そしてそれを支える大人の責任は大きいと思う。

ありがとう。また会いましょう。

 

| masa-fos | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
幸せ2.0より

 

 

共感のバイブレイションに包まれて・・・。

昨日、第二回Shiawase2.0の対話リレーにゲストとして出演させていただきました。
(http://www.shiawase2point0.jpn.org/marathons/)
山田 博氏(ひろし)と中村 一浩氏(かず)のホスト両氏にホールドしていただきながらの対話は、ヒマラヤからいのちの世界、そして、一瞬の無限へ…。

いつの間にか、会場のなかに深くて優しい共振が生まれ、そのバイブレイションに包まれてゆくようでした。

最後にひろしが昨夏の怪我での体験に話を向けてくれました。

その回復途上、くじゅうの滝を前にした体験。
滝の飛沫を浴び、一瞬一瞬、感じ、反応してゆくからだ。
「この世界には、こんなに素晴らしいせかいがある。」
と感じるとともに、いま、まさにそれを感じ、ここに生きてあるよろこび。

その振動が個々に、そして世界に広がってゆくことを願って・・・。

Shiawase2.0でのかけがえのない出会いに、深く感謝いたします。

ありがとうございました。

            まさ

| masa-fos | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野外学校FOS おとなの方向けワンデイコース  Dance with nature ♬〜鎌倉の山と海にて

野外学校FOS おとなの方向けワンデイコース

 Dance with nature ♬〜鎌倉の山と海にて

 
鎌倉の身近な自然のなかで、FOSのワンデイコースを開催致します。
私たちの意識が静まったとき、身近な自然のなかでも、驚くような深い世界が広がってゆきます。
FOSのアプローチは、いまという瞬間へ!
道なき自然のなかでのダイナミックな動的体験、そして誰にも会わない静寂な自然のなかでのソロタイム。
動と静の織りなしてゆく体験を通して、いつの間にか「いま」に立つ。その瞬間、自然と私はひとつに…。

この世界には、本当にすばらしいせかいがある。
その体感、からだとこころでそれを実感することは、きっと大きなギフトになることでしょう。

ひとりひとりの方にとって、そんな瞬間が訪れるよう、直観に従い、場をホールドし、リードさせていただきます。

特別な体力や経験は不要です。
何気ないひとつひとつの場面で自然とダンスを踊るように「場」が次第に深まってゆくことを願っています。
春の一日、みなさまと鎌倉の自然のなかでご一緒できますことを楽しみにしています。
             Masafumi TODAKA

□日程 2018年4月14日(土曜日)
□場所 鎌倉の山と海
□集合 腰越駅(江ノ島電鉄) 午前9時半
□解散 七里ガ浜付近 午後3時半
□参加費19,440円 (18,000円指導料、保険代を含む 消費税 1,440円)

□コースの流れ
 9時半 腰越駅集合 オープニング 
     広町緑地の自然のなかへ
       適地にて昼食
     鎌倉山から海へブッシュウォーク
 14時 海で・・・
 15時半 七里ガ浜付近にて解散
(雨天時は広町緑地の森のなかで活動致します。)

□定員 6名程

□服装と持ち物 動きやすい服装。長袖、長ズボン、あるいは虫よけスプレーなど虫対策をしてお越しください。
フリースなど防寒着、雨具、軍手など手を守る手袋、ハイキングシューズ(靴底のグリップ力のあるもの)、シート(休憩時)、

カップ(お茶を沸かします!)、ランチ&行動食、タオル

□お申込みについて

下記フォームにコース名(鎌倉の山と海)と各項目をご記入の上、ご送信下さい。
お申し込みフォームはこちら>
http://ws.formzu.net/fgen/S42872532/

お申し込み後、確認のご連絡をさせていただきます。
お振込み後、参加確定となります。

☆お振込先
横浜銀行 葉山支店 普通口座 6038039
口座名義 ヤガイガツコウ エフオーエス トダカ マサフミ

☆キャンセルポリシー
下記キャンセル規定をどうぞ、ご確認ください。

キャンセル料
●2週間前まで  0%
●3日前まで   20%
●前日      50%
●当日      100%

ご留意事項
・定員を超えた場合はキャンセル待ちでお受けしておりますが、少人数のコースですのでできましたらどうぞ、早めにお申込み下さい。
・天候不良等の理由でコースが実施できない場合は、全額返金させて頂きます。

| masa-fos | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冒険トレック(FOS×Coleman)2018について

ひかりと水と花崗岩の渓谷。
素朴な山里の奥なる自然のなかで仲間と過ごす3日間。
一瞬、一瞬、からだとこころで、自然とダンスを踊るようにふれてゆきましょう!
そこに生まれる自然とひとの共振の物語♬
冒険トレック in 九州 〜Dance with nature〜

この地球に生まれ、いま、ここに生きてあるよろこびを感じていただけたら。
そして、冒険トレックの体験を通して子どもたちがワクワクするような思いで
それぞれのいまに立つ契機となってくれたらと願います。

2018夏、九州で冒険トレックを開催いたします。
熊本地震や九州北部豪雨、大分南部台風災害などの地域の子どもと全国の子ども、
20名をご招待させていただきます。
詳細はどうぞ、コールマン ジャパン(株)社のHPにてご確認ください。

(3月下旬告知予定)
みなさまのご応募をお待ちしております。

2018年3月10日
野外学校Feel Our Soul
代表 Masafumi TODAKA

| masa-fos | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バディ冒険団と富士山そり♪

 

湿った新雪たっぷりの富士山。

安全なエリアへ。御殿場駅から山梨県側に移動。

樹海の森歩きと雪を探してソリ!希望。

 

 

雪のつたい斜面を探しながら歩きます。

バディキッズ、森歩きを楽しみながら進みます。

どこでも楽しい!を創り出すバディの子どもたち。

そこに寄り添うスタッフの自然な雰囲気が森に溶けていきます。

いつも海をベースに遊んでいる人たちですが、

オープンマインドでいることがあたりまえ。

あるがままの自分でいられる仲間と

新しいことに自分のペースでチャレンジできる環境を整えているバディ。

いいなーと和みます。

 

 

ちいさな雪野原。

子どもたち、自然と遊びに入ります。

雪投げしたり、雪ダルマ作ったり、、。

なにかさせようとせずとも、彼らの内にある好奇心や想像力心が自然と湧いてきて、

なんだかんだと子ども同士でやりとりが始まって、たのしい時間を創っていきます。

 

 

マサの偵察により、そりのできる小道を発見!

雪がついてるラインと土がでている個所ありビミョー、、。

心配はいりません。スタッフがさっーとそりに新雪を集めてきて、まるでティンカーベルみたいに雪を撒いていきます。

気温が低くサラサラの雪。小さな粒子に光が映ってキラキラ☆彡

子どもたちが楽しそうに滑るラインを祝福しているです。

今日は3.11。私たちなりの祈りの日。

いま、こうして生きて在ることに感謝を捧げます。

 

 

さあ、下山だよー!その前においしいミルクティー♡

雪のカフェ・オープン♪

「おいしいね!」みんな笑顔ニコニコさん。

 

 

スバルライン3合目からの富士山。

頂上は強風が吹いています。冬の静かな森にそっと守られて、

あたたかい日差しのなか富士山そり。今日も楽しかったね!

2018年度も山と海を子どもたちの活動を共にしていきます。

このいちねんもどうぞよろしくね♡

次回は4月22日日曜日の三浦アルプスです。

オープンコースでもあります。FOS&バディの愉しい仲間入り!

エントリーも受付中でーす♪

さてさて、みなさまありがとうございました。

 

| masa-fos | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
突然ですけれど、鷹取山です!

 

富士山雪不足のため、岩壁にGo!

 

 

本日、貸し切り!

本気集中真剣クライミング♪

 

 

クライミングって楽しいなー。

今日の岩登り、サイコー!

突然の変更にピタッと!岩に意識を合わせて登る。

いい日になりました。ありがとうございました♡

 

| masa-fos | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アイスクライミング♪レポート

 

厳冬の八ヶ岳へ

 

 

パパたちのアイスクライミング

 

 

研ぎ澄まされていく

 

 

ふたりで登る愉しいじかん♡

 

 

来シーズンの課題を偵察へ

 

 

日常へ帰還。

また山で会いましょう。

 

 

| masa-fos | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
個人ガイドより

 

岩と雪の世界

 

 

一瞬

 

 

 

無心になる

 

 

深い山の懐に抱かれて

いま 生きて在る わたし

| masa-fos | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
富士山そり2/18レポート

 

快晴の富士山。

 

 

遠く駿河湾、海がみえるよー!

 

 

アライテントのフライ、僕らの秘密基地的なスペース。

ひとやすみしたら、元気復活!「パパ、滑りにいこうっ♡」

 

 

 

 

 

めっちゃ真剣にジャンプ!!!

 

 

稜線の双子山・宝永山・富士山を眺められる地点まで歩いてきました。

 

 

壮大な光景のいちぶ。

大空と眩しい光の下、父子でソロタイム。

 

 

「音のない静かな世界、風の音を久しぶりに聞いたわ」

詩のようにつぶやいた母の穏やかな笑顔♡

 

 

富士山に出会う

 

 

雪の富士山詣でのようなコースになっています。

いちねんぶりの再会もお馴染みの仲間たち、そして新しい出会いに乾杯!

 

 

富士山から雲がどーん!

またおいでよーん!って、感じ?!

 

 

子どもも大人も滑る気満々。

下山だ、Goooooo!!

 

 

ママとふたり乗りでゆっくりいこう。

ちいさな子、抱えていきましょう。

いま、この瞬間の愛おしさ。ママやパパがぎゅっと寒さから守ってくれる。

このぬくもり。富士山の記憶と一緒に身体にも心にも記憶に残るかしら。

 

 

おひさまが西に沈みます。

森のやさしい光が注がれて、そろそろ終わりの時間。

大人も子どもも一言づづ語ります。

それぞれの人が感じた世界に共感。

出会いと富士山に感謝! 今日もありがとうございました♡

 

| masa-fos | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
FOS for everyone 〜アイスクライミング&スノートレックキャンプ 

※FBでご案内しています。

3月平日と週末開催のアイスクライミングのご案内。

エントリーお待ちしています♡

 

FOS for everyone
〜アイスクライミング&スノートレックキャンプ Vol.1 〜 Mar.1-2.2018

  冬の凛とした気に満ちた世界で過ごす動と静

     一瞬一瞬、センサーとしてのからだの感覚に立ち、自らの直観を信じ、登ってゆく。

その一瞬の共振から開く無限の世界・・・Dance with nature ♫
           
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
冬季の南八ヶ岳は雪と氷と岩の殿堂となり、まさしく、雪山の代表的な世界となっています。
今回は、冬にしか存在しない氷の滝と登ることを通してふれあう体験・・・アックスを打ち込み、アイゼンを蹴りこむ平日向けのアイスクライミング&スノートレックキャンプVol.1。
初めての方からを対象に実施させていただきます。

初日、15mほどのスケールの滝でアックス、アイゼンの使い方、からだの動きなどをトレーニング。
しっかりと登りこみましょう。
二日目は30mの大滝へチャレンジ。一手一手、一足一足を決め、高みへ向かいます。
登ることを通して氷の滝のエネルギーとふれあい、登るよろこび。
登り終えたときにはきっと、大きなよろこびを感じることでしょう。
山のなかで一夜を過ごすことも含めて、安全には、細心の注意を払い、みなさんが雪山の素晴らしさや山とのふれあいを安全に楽しめるように進めさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いします。                 Masafumi TODAKA


◇日程:2018年3月1日(木)〜2日(金)
◇日程:2018年3月3日(土)〜4日(日)
◇場所:八ヶ岳
◇集合:3月1日 小淵沢駅改札口  午前9時(新宿7:00⇒特急あずさ⇒小淵沢8:54) 
車で赤岳山荘へ
登山開始、南沢小滝へ。
テント設営後、アイスクライミングの基本講習。
3月 2日
大滝へ
テント撤収し、下山
小淵沢駅にて解散(午後5時頃)(ご希望で入浴もできます)
◇コース参加費:54,000円(税込、ガイド料、装備レンタル代、山岳保険料含む)
  注:山岳保険は三井住友海上の山岳保険にこちらから加入手配を致します。
  (保険料3,100円 死亡・後遺障害500万円、入院日額4,000円、通院日額2,000円、
    遭難捜索費用100万円)
なお、当方に過失がある場合は、スクール加入の賠償責任保険にて対処させていただきます。

◇レンタル可能装備:雪山用登山靴、ピッケル、バイル、12本爪アイゼン、安全ベルト、ヘルメット、
60Lザック、冬用寝袋、エアマット
レンタル代は登山靴、寝袋⇒各1,000円
  アイゼン、安全ベルト、ヘルメット、ザック、マット、長いピッケル⇒各500円
アイスクライミング用のピッケル、バイルは共用とします。(レンタル代は不要です)

◇服装・持ち物:
薄い化繊の手袋、厚手の手袋、アウターの手袋、目出帽、厚手のソックス、スパッツ、登山用ジャケット、下着上下、フリース、ズボン、マフラーやネックゲーター、ダウンジャケットなどの防寒着、お風呂セット、サングラスとゴーグル、テルモス(保温ポット)、行動食、防水用ビニール袋、日焼け止めクリーム、カイロ
以上が入る60Lほどのザックとサブザック
                                         
◇お申込みについて
下記フォームにコース名(アイスクライミングVol.1)と各項目に御記入の上、ご返送下さい。
http://ws.formzu.net/fgen/S42872532/
なお、レンタル装備希望リスト、および、通常の靴のサイズもお知らせ下さい。

 

 

| masa-fos | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Category

Link

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Others

Mobile

qrcode