Entry: main  << >>
昭和育英会職員研修レポート

深い自然そのものに触れる。

医療法人社団 昭和育英会のみなさまの職員研修、西丹沢レポート。

 

 

この世界で二日間を過ごします。
1.JPG

 

まじはFOSの山中湖ベースでオープニングから
それぞれの「いま」、そしてこの研修への思いを語ります。
沢で使用する装備のチェック!・・・なぜか楽しそうですね🎶
今回はマネージャークラスのみなさんを中心にした研修です。
準備を終え、源流の世界へ向かいます。

清らかな水の流れを遡って・・・。

 

今夜は滝の辺りで・・・。

 

2.JPG

3.JPG
5.JPG
源流部での夜。
生きて今、ここにある。
対話は尽きず・・・。

 

木漏れ日  朝の訪れ

 

 

時に委ねて

 

 

わたしを包み 響く 沢の音   

場面は転換

還る旅へ・・・。

 

8.JPG
全力で攀じる。

 

無心

 

 

真剣

 


 

達成感 喜びが溢れてくる

 

 

11.JPG
水とのふれあいが心地いい🎶
12.JPG
弾む

 

 

ふと 緊張感から解放されて 

光や水の流れが飛び込んでくるような瞬間出会う

 

沢から森へ

 

 

沢から森へ

 

尾根から緩やかな稜線に

 

13.JPG

一気に山頂に・・・
みんな、いい笑顔!

 

 

爽やかな風が吹き抜けてゆく

あたたかい陽に包まれて 心穏やかなわたし

 

 

昭和育英会の職員のみなさまとの原生自然のなかでの二日間。

今回の研修は、山に入る前も、山から還ってきた後も、そしていまも、
けしてこの二日間が特別なことではなく、いまも変わらずにずっと何かが続いているような気がします。
それはもしかしたら、自然のなか・外に関係なく、職員のみなさんの普段の有り様や個人としての生きるスタンスが、
私たちと同じだからなのかもしれません。
「生きる」というおおもとのところで思いを同じくする仲間たちが自然のなかでひとときを
ともに過ごし、また、それぞれの場へと還ってゆく。
もしかしたらこの研修は、何かを学ぶとか、何かを得るとかではなく、その一点に尽きるのかもしれません。
逆にいえば、私たちFOSの大切にしていることは、まさにそこに尽きるといえるでしょうか。
それは、理論化したり、言葉で表現することは難しいことかもしれません。
「場をともにする」
自然のなかで、ご縁あるひとりひとりの方とひとときを共にさせていただく。
水の流れや滝の響き。燃え上がる炎や鳥のさえずり・・・。
研ぎ澄まし、一瞬一瞬、流れを遡り、滝を攀じる。
自然の瞬間性と行為の瞬間性。
そこに生まれる自然とひと、ひとと他者(ひと)の共振。
静かに深く、この二日間の源流の旅の余韻が響き続けています。
こうした体験の価値や素晴らしさにご共感いただき、職員のみなさまの研修の場としてくださった
医療法人社団 昭和育英会の山藤理事長と職員のみなさまに、そして私たちがふれさせていただいた
富士山麓と西丹沢の自然に深く感謝致します。
ありがとうございました。
 みなさん、本当にいい笑顔ですね!
                                                
(Photo:(C)Masaru Sando,Masafumi Todaka)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| masa-fos | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Category

Link

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Others

Mobile

qrcode