Entry: main  << >>
1月富士山そり、レポート!

 

おはようございます。

ころころっと小さな雪ん子ちゃんの降った森。

澄んだ冷たい空気、ゆっくり味わって歩いていきましょう。

 

 

大人も子どもも、パパもママも、

わたしとして在る時間へ。

 

 

どーん!と富士山のカンド―!!!

 

 

上空はかなり風が吹いていますねー。

 

 

ベース地に到着!

 


 

みんなの協力作業で、風除けの壁を造りました!

 

 

それぞれにそりの時間。

 

 

ジャーンプ!

 

 

ジャンプコースってなんか楽しいね!

みんなでルートを造って、滑りてのパフォーマンスを応援。

「おー!きまったね。」「かわいいー!」「パパ、かっこ悪かったー」

大人も子どもと一緒に子どもたちの世界観に存分に触れ、

子どもは大人のかっこよさや人っぽさに、なんか安心するんだよね。


 

このライン、真剣勝負で滑ってきます!

ハイ、キマッテマス!

 

 

こちらは母子でロングクルーズ。

小さな兄弟はパパと留守番。

今日はママとぼくの特別な時間。

 

 

黙々と歩いております。

 

 

白と藍の世界

 

 

美しい曲線、富士山の頂上へと続いています。

 

 

下山前の全員写真。

みんな、かっこいいわー♡

 

 

日陰のラインは慎重に。

マサを先頭に、みんなで安全を見合いながら下山していきます。

 

 

2時を過ぎると西陽になります。

おひさまがあたたかく溶かした雪の斜面を、富士山から吹き下ろす冷たい強風が凍らせていきます。

山の時間もそろそろ終演。

富士山のコースには、FOSの伝えたい原点があるなーと思います。

大きな人も小さな人も、自分の感性を軸に自然そのものに触れる。

そうして、場を共にする人同士が、自然と関わり合いながら、心からの楽しい!を創りあっていく。

ひと家族で、厳冬期の富士山。修行のようなことになりそうですが、

富士山でそり!にワクワク集まる知らない家族同士、母子や父子と自然とフォローしあいながら、

活動は進んでいきます。冒険、挑戦、勇気、信頼、安心、充実感、達成感。

そうした言葉が活動のなかに自然とあって、それを目標に掲げなくても、みんなが自然体で、そうした気持ちで遊んでる。

山に集い、山に遊ぶ、みんな、やまのこども。ほんとうに楽しいいちにちになりました。

みなさま、ありがとうございました♡

(冬山の領域での活動になりますので天候・雪質の見極め、登山計画書の提出や山岳保険等の準備の上、開催しています。)

 

 

 

| masa-fos | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Category

Link

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Others

Mobile

qrcode