Entry: main  << >>
FOSジュニア富士山登頂コース・レポート


遥々、飛行機でやってきた子も、
灼熱のTokyoからバスに乗ってきた子も、まずは源流へ。



富士山登頂コース、この静かなはじまり。
自然とチームになっていきます♪



山への装備準備終了後、みんなで花火!
「わーきれいー!」「ほんとだぁー」自然と分かち合う言葉が飛び交っています。



おはようございます! シャトルバスで登山口。
いってきまーす!!!



登りはじめはキツイ、、、。



みんな黙々、、、。



霧のなか



マサについていこう



どーん! 霧があがってきました!



富士山は国際交流の場でもある。
様々な国の方々が登ってきます。



8合目に到着!



小屋へのトラバースはルンルンです♪



子どもたち、小屋のお兄さん、お姉さんとお話したことがとっても楽しかったご様子。
旅先で出会う大人の魅力は子どもの世界を広げてくれますね。



小屋じかん、これがまた、たのしいのであります。
もう歩かないでいいし、くつろぎの時にゆるやかに身を休めながら過ごす心地よさ。



上部の小屋の灯り呼んでます!



満月



さあ、夜中のアタック、はじまります!



夜明けのなかをゆく



ご来光



さあ、がんばろう!



頂上への鳥居



噴火口



下山です!



砂走り



登頂後に小屋に戻り、朝ごはん。
砂走館、今年もお世話になりました!



晴れたり、霧のなかを歩いたり。
刻々と変わりゆく自然に包まれて、仲間と富士山に登る。
富士山は何度登っても、状況は同じことはなく、やっぱり厳しい登山になります。
苦しそうな友達のがんばりを尊敬したり、応援したりし合いながら、みんなでピークに立つ。
この達成感、この充実感。「みんなと一緒に富士山に登れてよかった!」「すごくいいチームだった!」
夏休みの大きな挑戦に、味わえた気持ちは、自らの自信と仲間へのやさしさや信頼感。
ありがとう、富士山。ありがとう、ともだち♡







 
| masa-fos | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Category

Link

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Search

Entry

Comment

Archives

Others

Mobile

qrcode